新着情報 / What's New

その他

『国際琉球沖縄論集』第5号が刊行されました

2016229日に国際琉球沖縄論集/International Review of Ryukyuan and Okinawan Studiesを刊行いたしました。

 詳しくはコチラを覧ください。

『国際琉球沖縄論集』第4号が刊行されました

2015年3月30日に国際琉球沖縄論集/International Review of Ryukyuan and Okinawan Studiesを刊行いたしました。

詳しくはコチラを覧ください。

【IJOS】投稿規定が更新されました/ Submission guideline is updated

IJOS投稿規定が更新されました。詳細は下記リンクをご覧下さい。

  • IJOS 投稿規定(PDF)


  • The submission guideline for IJOS is updated. For more details, please refer to the link below.

    2014年2月23日 しまくとぅばシンポジウム「シマのことばの危機」

    平成26年2月23日(日)午後1時より、沖縄県立博物館・美術館講座室にてシンポジウムを開催します。みなさまのご参加をお待ちしております。

    lang140223.png

    2012年3月26日 『越境する音楽』 中村透退職記念最終講義のご案内

    中村透退職記念最終講義のご案内
    『越境する音楽』

    今年度をもって退任される中村透教授(当研究所併任教員)の最終講義を下記により行いますので、ご案内申し上げます。

    日 時: 2012年3月26日(月)15:30-17:00
    場 所: 琉球大学五十周年記念会館

    ※入退場自由

    others130326.png



    神奈川大学国際常民文化研究機構公開研究会  沖縄の民族学-民俗学と社会人類学のはざま-

    2012年3月13日(火)、神奈川大学国際常民文化研究機構共同研究「第二次世界大戦中および占領期の民族学・文化人類学」グループの公開研究会が下記のとおり開催されます。

    others120313.jpg                    

                      記

    テーマ: 沖縄の民族学 -民俗学と社会人類学のはざま-
    講 師: パトリック・ベイヴェール氏・社会科学高等研究院日本研究所、パリ 
    日 時: 2012年3月13日(火) 15:00~17:00
    場 所: 神奈川大学横浜キャンパス 1号館308会議室

    ※申込不要、参加無料

    *****************************************************

    国際常民文化研究機構 事務局
    〒221-8686 神奈川県横浜市神奈川区六角橋 3-27-1
    Tel: 045-481-5661 (内線4000、4358)
    Fax: 045-413-4151
    URL http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp

    第44回琉球大学史学会大会が開催されます

    others111210.jpg

    1.日  時:平成23年12月10日(土)13:00~18:00

    2.場  所:琉球大学法文学部新棟215教室

    ◎大会受付(法文学部新棟215 教室前ロビー:受付開始 午後12:00~)

    ※入場無料。但し資料代500 円

    ※大会終了後、午後6時30分よりささやかな懇親会を設けてございます。お時間の許す限り、こちらの会にも是非ご参加下さい。参加ご希望の方は、予め午後12時00分からの大会受付において参加費を添えてお申込み下さい。
    (参加費:一般3000円、学生1000円)

    ※問い合わせ先
    098-895-8290(琉大法文学部内、宮城研究室)または098-895-8858(同、武井研究室)


    2011年10月20日 Ukwanshin Kabudan 御冠船歌舞団「いちまでぃん島人」

    言葉が消えると、伝統は継承されず、アイデンティティも消えてしまう。
    シマの言葉を取り戻し文化復興に情熱をかけたハワイアンたち。
    伝統文化や言葉の大切さをハワイアン音楽やフラから学んだ僕ら。
    ハワイのシマンチュから沖縄のシマンチュへのメッセージ。
    沖縄文化や沖縄言葉を復興させたい。その大切さを伝えたい。
    ぜひ、僕たちに会いにきてください。

    2011年10月20日(木)

    木曜芸能公演 百花繚乱~Ryukyu Performance~
    1回目 公演 開場16:30 開演17:00
    2回目 公演 開場18:30 開演19:00

    idou111020.jpg

    2011年10月14日 国際フォーラム「人の移動と21世紀のグローバル社会」-海外日系紙記者のみた移民社会-

     
    開催趣旨:日常的に日系人コミュニティや現地社会に向き合っている海外日系紙関係者を招き、フォーラムを開催する。海外における日系コミュニティや現地社会の現状等を報告の後、フロアの参加者を含め、今後の沖縄・日本と海外日系コミュニティのつながりについて、現地社会の状況をふまえ討論をする。

    1. 開催日   2011年10月14日(金)
    2. 時 間   16:00-19:00(15:30開場)
    3. 場 所   パレット市民劇場
    4. フォーラム構成
      (第一部)「海外における日系社会,ウチナーンチュ社会」
       司会  :前原信一氏(元沖縄テレビディレクター)
       報告者1:深沢正雪氏(ブラジル:「ニッケイ新聞」)
       報告者2:バネッサ知念氏(ブラジル:「ウチナープレス」)
       報告者3:崎原朝一氏(アルゼンチン:「ラプラタ報知」)
       報告者4:仲嶺和男氏(ハワイ:「ハワイパシフィックプレス」)
        休憩
      (第二部)「グローバル社会における日系社会とウチナーンチュ社会」
        フロアーを含めた質疑応答・討論 

    idou111014.png

    2011年7月30日、8月6日 現代沖縄研究班 フォーラム開催のお知らせ

    「フォーラム・地域運営学校(コミュニティ・スクール)とは?」

    <概要>
     沖縄の地域社会と学校は、崩壊の危機に瀕しています。多くの地域では少子化や 過疎化のために、学校の統廃合が検討されていますが、学校を支える地域社会の繫がりをさらに壊してしまうことになりかねません。かと言って、地域が学校を支えるということができるほど、もはや地域社会の結束や連帯が強いわけでもありません。自治体財政も困窮しており、学校教育に大きな予算をかけることもままなりません。先生方の努力と奮闘により、どうにか学校を支えていますが、がんばりにも限界があります。

     沖縄よりも先 にそのような問題を抱えていた地域と学校が、協働の関係を築き、解決していった先進事例があります。それが、岡山市の清輝小学校、岡輝中学校の事例であり、また京都市の御所南小学校の事例です。地域の方々が学校を運営する、地域運営学校の取り組みが解決の糸口でした。

     フォーラム第1回はゲストに岡山市立岡輝中学校前校長の森谷正孝氏、第2回は京都市立御所南小学校校長の竹内知史氏をお招きし、会を深めてまいります。多くのみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

    ◆第1回 岡山市立岡輝中学校の事例
    日時:平成23年7月30日(土)午後14時~16時
    会場:琉球大学 法文学部新棟114(定員120 名)
    ゲスト:森谷 正孝氏(前岡輝中学校校長)
    ◆第2回 京都市立御所南小学校の事例
    日時:平成23年8月6日(土)午前10時~12時
    会場:琉球大学 法文学部新棟215(定員250 名)
    ゲスト:竹内 知史氏(御所南小学校校長)

    【お問い合わせ】
    沖縄自治研究会 T&F:098-895-8473、E-mail:jichiken@hotmail.com

    idou110730_0806.jpg

    2010年6月15日 学内セミナー「米軍兵士と沖縄女性との結婚生活と葛藤」

    講師:
    宮西 香穂里(国際沖縄研究所 客員研究員)
    日時:
    2010年6月15日(火)16:00
    場所:
    琉球大学 50周年記念会館多目的室
    参加費:
    無料
    others100615.jpg

    月別 / Monthly Archives