研究所概要 / About IIOS

所長あいさつ / From the Director

iioslogo.png

琉球大学国際沖縄研究所のウェブサイトへようこそ!

国際沖縄研究所(International Insititute for Okinawan Studies:IIOS)は、2009年4月の発足以来、その基本的理念である「国際性」と「学際性」を備えた研究拠点として、小さいながらもバラエティ豊かな研究を展開しています。グローバル化する世界に向けて、日本の小さな島嶼県である沖縄から、本学が伝統的に培い、また新たに構築してきた国際的連携関係を通して、沖縄や沖縄に関連の深い地域に関する先端的な研究成果を発信すべく日々活動しています。

2013年現在、IIOSの中核をなす2件の研究プロジェクト(ともに文部科学省特別経費プロジェクト、2011年度~2015年度)が推進されています。一つは、グローバル社会の中での島嶼地域の位置づけを再考し、島々が抱える重要課題に対する提言を試みる「新しい島嶼学の創造-日本と東アジア・オセアニア圏を結ぶ基点としての琉球弧」、もう一つは、様々な分野からジェンダー問題について学術的に探求するとともに、各地域において問題解決に貢献し得る人材を育成する「沖縄におけるジェンダー学の理論化と学術的実践-沖縄ジェンダー学の創出」です。これら2つのプロジェクトは、県内・国内にとどまらない国際的研究活動を通して、沖縄の地から地域社会・グローバル社会に寄与することを目標に活発な活動を続けています。
らに、琉球大学中期目標・中期計画達成経費による「人文・社会科学を主体とした先端的琉球・沖縄学の次世代研究者の育成・研究推進プロジェクト」(2011年度・2012年度)が加わり、IIOSの基点である琉球・沖縄に重心を置いた研究と人材育成にも取り組んでいます。

そしてこれらのプロジェクトは、IIOS発足当時にすでに始まっていた人文社会科学研究科との合同事業「人の移動と21世紀のグローバル社会」(文部科学省特別経費プロジェクト、2008年度~2012年度)による経験や成果を基礎として成り立っています。このプロジェクトは多分野にわたる全10冊の叢書を出版するに至り、学術的にも社会的にも意義のある実りを生み出しました。

また、こうした豊富な研究活動における議論や得られた知見をもって地域社会に貢献するため、講演会やシンポジウムなどを一般公開しています。開催情報は本ウェブサイトや地元紙にてお知らせしております。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

IIOSは少しずつではありますが着実に進歩し続けています。日本-東アジア-太平洋地域を結ぶ結節点にある沖縄に立地する本学では、伝統的に国際性豊かな研究が展開されてきました。これからもプロジェクト・ベースの活動を基本として、常にダイナミックに、アクティブに前進し続けていきます。

最後になりましたが、2013(平成25)年4月より、我部政明前所長の後を受けて所長を務めることになりました。先輩方が蓄積してきた多くの実りを糧に、IIOSのさらなる発展を目指していきます。多くの方々がIIOSの活動に関心をお持ちくださり、またご理解くださるよう所員・スタッフ一同精一杯取り組んでまいりますので、皆様のご助言とご支援をお願い申し上げます。

国際沖縄研究所長 藤田陽子